任意売却で住宅を売ろう

業者の利用料金について

不動産

住宅ローンの返済を続けていくことができなくなってしまった際に、その住宅を手放すことに関しては諦めがついていたとしても、競売にかけられてしまうことだけは避けたいと希望する人が少なくありません。自宅が競売にかけられるということになると、自分が経済的に困窮していることが近所の人にバレてしまいます。また、競売では二束三文同然の安値でしか売ることができませんし、買い手が決まった場合は必ず家から立ち退かなくてはなりません。できるだけそのような状況になってしまうことを回避したいと考えるのが当たり前ですから、任意売却専門業者を利用する人が増えてきています。気になるのが、業者を利用した際にかかる料金ですが、無事に売買契約が成立した場合に限り3%程度の手数料が発生します。実際には、売却代金からこの手数料を差し引いてもらえるようになっていますので、わざわざ別に現金を用意する必要はありません。

買取サービスについて

良い任意売却業者に自宅売却の仲介を依頼することができたとしても、必ず買主が見つかるという保証があるわけではありません。タイミング等の問題でなかなか適当な買主を見つけ出すことができないケースが実際にかなりあります。いくら債権者が任意売却を認めてくれていたとしても、そう長い間待ち続けてもらうことはできません。また、売却が遅れれば遅れるほど余計に金利がかさむことになりますので、困ってしまいます。そのような心配をしたくないのであれば、物件の買取サービスも行っている任意売却業者を利用するとよいです。任意売却業者に買い取ってもらう場合、だいたい査定額の7〜8割程度の金額で買い取ってもらうことになりますが、競売で売る場合に比べればかなり有利になると言うことができます。また、必ず換金することができますので、債権者の協力が得られやすくなるというメリットもあります。