色々な住宅ローンの対処法

任意売却が増加しています

不動産

住宅ローンの返済を3ヶ月程度滞らせてしまうと、多くの場合、住宅が差し押さえられてしまうことになります。差し押さえの登記がなされてしまうと、その後は住宅を自由に処分することができなくなってしまいますので、結局は競売にかけられて住む家を失ってしまうことになります。もちろん一足飛びに競売に至るようなケースは稀で、だいたい返済を1〜2度滞らせた段階で、債権者である金融機関が話し合いの場を用意します。その席で、何とかして返済を続けていくことはできないものか、また、それ以外に何か有効な手立てがあるのかなどを話し合うことになるわけです。最近は、その話し合いの段階から任意売却専門業者にも同席してもらって、自宅を任意売却する方向で協議を進めるケースが多くなってきています。債務者の状況によっては、返済条件を変更して住宅ローンの返済を続けていくよりも、思い切って任意売却するようにした方が有利になる場合があります。そのため、任意売却という方法を選択するケースが増加してきています。

サービス内容について

インターネットで任意売却業者の情報を収集してみると、意外なほど数多くの業者が存在していることがわかります。今は、住宅ローンの金利水準が史上最低とも言えるほど低い水準になっていますので、そう簡単に返済不能に陥ってしまう心配はないのではないかと考えている人が多いです。しかし、相変わらず中小企業の倒産が相次いでいるため、突然収入の途を閉ざされてしまう人がたくさんいます。収入を得ることができなくなってしまえば、住宅ローンを返済し続けていくこともできなくなってしまいます。結果的に、任意売却業者の利用を希望する人が増えてきているのですが、業者によって提供されているサービス内容に違いがありますので、慎重に業者選びをするのが望ましいです。たとえば、業者の中には、債権者に交渉して不動産登記費用などを債権者負担にしてくれる業者がいます。そのような業者を選んで利用すれば、経済的な負担を軽くすることができます。